HOME>トピックス>治療前に知っておく事が費用節約面でも大事です

大まかなタイプを知っておこう

現在、日本人の約10%がその症状に悩んでいるとされるわきがですが、その治療に当たり費用が心配だという人も少なくありません。ただ、わきがの治療の中には保険適用され、自己負担が少なくて済む治療法もあります。そのオーソドックスな物には、皮膚切除や剪徐と呼ばれるメスを入れて行う手術等があります。皮膚切除はその名の通り、わきの下の一部の皮膚を切り皮膚の面積を縮める事により臭い等を抑える方法です。後者の剪徐と呼ばれる方法は、わきの皮膚をめくり、汗腺を直接目視で確認し切除するという方式になります。特に、わきがの臭いを抑えられるのはこちらの治療とされており、深刻な悩みを持つ人はこちらを勧められる事が多いようです。

これらの手術の共通点とは

こうしたわきがの保険適用の手術等には、おおむね高い効果が見込めるという共通点があります。しっかりとした手術を行える医院がこうした方法の手術を提供してくれる事や、症状に応じてメスを入れる範囲を調節出来る事等がその要因になります。

さらに別の要素もあります

また、剪徐等の治療では、わきがと同時に多汗症等の併発しやすい症状の改善も同時に見込めるという特筆すべきポイントもあります。わきの悩みは臭いだけでなく、汗が出すぎる事による衣類のシミという点も存在します。1度に2つの悩みを解決出来る可能性があり、わきが以外にもわきの悩みを持つ人にとっても保険適用の手術が選ばれています。

広告募集中